« やばいよーー>< | メイン | ☆☆☆メリークリスマス☆☆☆ »

2010.12.22

お葬式 孫代表の挨拶

先日、父の四回目の命日でした。

その三ヶ月後の二月に祖父が他界し、そのお葬式で叔父に頼まれて
急きょすることになった孫代表の挨拶。
まだ祖父の死が信じられない状況で書いたこの文章。
祖父は画家であり、文化財の調査員であったりと
とても顔が広かったので、葬儀場いっぱいに何百人もの弔問客が。。
その前で、ボロボロ泣きながらマイクを握り締めて読んだこの文章。
ドラマで肩を震わせて泣くシーンがありますが
悲しみで体が震えるというのを初めて経験しました。
心の中の悲しみを改めて言葉にして表現することが
どんなにつらいか。。挨拶が終わった後もしばらく放心状態で
話しかけられてもうまく返答できませんでした。
だけど、祖父にちゃんと聴いてほしかったので
泣いたせいでなんて言ってるのか分からないのは嫌で。
ゆっくり聴きとれるように気持ちを込めて読みました。

私の挨拶文を聴きながら、同じ気持ちで泣いてくれた方が
たくさんいたこと。。。祖父には見えていたのかな。

同じように、お葬式で孫代表の挨拶を頼まれた方がいたら
何かの参考になればいいな、と思い
四年前のこの文章を載せることにしました。



 

 ○○じいちゃんへ
 

 おとといの早朝電話がなり、母から突然の訃報を聞きました。あまりの驚きと悲しみにいまだ実感がわかず、信じがたい気持ちでいっぱいです。

 ○○じいちゃん。小さい頃、愛用の単車の後ろに乗っけてくれ、隣町のたこやき屋さんによく連れてってくれたね。道ばたで菜の花を見ながら一緒に食べたあつあつのたこ焼きの味、いまでも覚えてるよ。冗談が好きでいつも笑わせてくれたじいちゃん。「げんこつ飴やろうか」というので喜んで「ちょーだい!」というとおでこにコツンと一発。。。また節分にはリアルな木彫りのお面をかぶって毎年鬼の役をやってくれていたね。私たちは本気になって「鬼はーそと!」といいながら力いっぱい豆をぶっつけキャーキャーいいながら「じいちゃん鬼」をやっつけるのが毎年の楽しみでした。あの時は飴も入っていたからずいぶん痛かっただろうなぁと思います。それもこれもじいちゃんのおかげで私たち孫四人の幼い頃の楽しい思い出です。

大学の頃、書道をしていて『〔雅号〕というものは自分の尊敬する人につけてもらうものだ』と聞き、迷わずじいちゃんにお願いしようと決めました。私が桂川のそばの産院で春に産まれたから、ということで桂に春と書いて「桂春(けいしゅん)」という名前をつけてくれたよね。キレイな名前を本当にありがとう。

いつかU市の総合運動公園に自分の描いた絵があるから、と連れて行ってくれたことがあったね。陶器のタイルに焼き付けられたその絵を見ながら「いつか自分が死んでもこの絵は残るから」と何気なく言ったことがあったけど、今になってその言葉が胸をしめつけます。私がピアノを習ってた頃、ウ○ノピアで発表会があったときに、自分のじいちゃんがデザインした緞帳が降りてくるのがとても誇らしかったのを覚えています。うちの子供達がもう少し大きくなったらその公園やウ○ノピアに連れて行き、これはひいじいちゃんが書いた絵なんだよーって自慢するからね。

知識が豊富で、話をするたび色々なことを教えてくれたじいちゃん。本当に尊敬してるし大好きでした。私たちもいつか孫を持ったとき、同じように色々なことを教えてあげられるよう、じいちゃんみたいにたくさんの引き出しを持つ人間に成長していきたい、と思います。もう会えないけれど私達のことずっと見守っていてくださいね。今まで本当にありがとう。

   二〇〇七年 二月二十七日  孫代表 ○○

コメント

cocoaちゃん、しっかりと挨拶できたね。
涙無しでは読めなかったよ。


今年の四月、祖母が他界したときにcocoaちゃんと同じように挨拶を頼まれて。。。
でも、葬儀で孫が挨拶するなんてそれまで聞いたことが無かったし、
何を言っていいのか分からず、「私がしなくても誰かが挨拶をするんだろう」と思って、断った挨拶。

デモ葬儀では全く誰も挨拶をすることなくそのまま終わって。。。

私と弟しか孫が居なかったばあちゃん。
すごく可愛がってくれたのに最後に何もしてあげられず
すごく悪いことしたなって、未だに後悔してる。


cocoaちゃんの挨拶、天国のおじいちゃんに
しっかり届いているよ!!

メルちゃん
私も孫代表の挨拶なんて聴いたことなかったから、かなりとまどったよ><「皆さま本日は」みたいな形式ばったのはしたくなくて、純粋に30数年間の思い出をじいちゃんに伝えたくて。こういうことって生きてる時は照れくさくて言えなかったりするんよね。本当は元気な時に伝えるべきだったな、と思うよ。この手紙は棺の中に一緒に入れました。
お葬式での挨拶なんて形式上のことだし、しなかったとしてもメルちゃんの「ごめんね」と「ありがとう」の強い気持ち、可愛い孫のことなんだからばあちゃんは分かってくれてると思うよ^^!!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ご訪問ありがとうございます

おしらせ

  • 11月22日(土) 10時~16時 
    ☆ 「モノヅクリサローネ」出店。大分市ガレリア竹町ドーム広場内。
  • 11月16日(日) 13時~14時半
    ★ 株式会社「三想」フェアにて、「キャメルの牛革2重巻きJブレス」ワークショップ開催予定。「かんぽの郷・宇佐」にて。
  • 11月3日(月・祭日)
    ☆ イベント出店予定。(詳細は追ってお知らせします)
  • 10月25日(土)、26日(日)
    ★ 大分市の住宅展示場にてワークショップ開催予定。(詳細は追ってお知らせします。)
  • 10月12日(日)
    ☆ 「デサキクラフトフェスタ」出店予定。大分市のデサキわさだ店駐車場。
  • 9月21日(日) 8時~13時
    ☆ 1day shop「Tsunagari」出店。第4回OKY祭りと同時開催。杵築市文化体育館内ホール。
  • 9月7日(日) 10時~16時
    ☆ 「こもれびとそよ風とマルシェ」出店。杵築市山香町の大分農業文化公園内の芝生広場にて。
  • 8月30日(土) 11時~17時
    ☆ 「革あそび」イベント出店。大分市TOSハウジングメッセ住まいの情報館内。

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

Powered by Blogzine[ブログ人]